さらに深い沼に... YouTube

    皆さんこんにちは、シュンゾーです。

    つい1か月ほど前にもYouTubeのお話をしました。
    シュンゾー、それ以降もどんどんYouTubeの沼にはまるような気がして、正直怖いです。笑

    よく「大人になってからかかる、はしかは重い」などという話が、よく比喩として出てきますが、
    もしかして、最近のシュンゾーの「YouTube熱」はその類のことかなぁ、と思います。

    「最近の若い人たちはTVをあまり見ない。その代わり動画を見ている」などという話を、これまで
    非常に多く聞いてまいりました。

    シュンゾーは、「へん、そんなことあるもんかい!TVはいつまで経っても娯楽の王様だよん!」と
    ずっと思ってきましたが、その気持ちが揺らいでいます。

    YouTubeってどのくらいジャンルがあるのか、と調べてみたのですが、どうもうまくいきません。
    でも、検索をすると、「人気ランキング」のようなサイトはいくつもあります。

    そのうちの一つです。
    https://markezine.jp/article/detail/36827

    2021年上半期、最も見られたYouTube動画やチャンネルは?【インフルエンサーパワーランキング】

    2021年1月~6月の間に最も再生されたチャンネルのランキングは、以下の通り。

    このランキング、シュンゾーは残念ながら一つも見たことありません。名前だけでも知っているのは
    かろうじて「Hikakin」だけです。

    シュンゾーの知らない世界、しかも人気のジャンルが、少なくともこれだけあるのです。

    いかにたくさんの種類があるのか、という表れですよね。

    前の投稿でも申し上げましたが、シュンゾーがYouTubeを見るきっかけとなったのは、乗り物
    系、或いは語学系の動画です。

    「電車に乗る」などという動画、本当に多いです。

    また、それから派生して(「派生」ではないですかね?)、街を探索する系の動画も多いです。

    廃墟を歩く、とかね。

    シュンゾー、最近よく見ているのが、「政治解説系」の動画です。

    皆さんご存じの通り、最近わが国では、大きな政治的な動きがありました。

    菅総理の自民党総裁選不出馬の話ですね。

    本当にこの件を解説してくれる動画も多いです。

    ただ、シュンゾーには「何を信じたらいいのやら」で、本当にありとあらゆることを述べられる
    方が多いです。

    確かに今回の自民党総裁選は、本日現在、どなたが立候補されるかも確定していませんし、その方々が
    今後どのような選挙活動をしていくのかもまったく予想不可能ですので、政治系のユーチューバーの
    方々も好きなことが言えます。

    あとですね、最近面白いな、と思っているのは、シュンゾーが住んでいる街の昔の映像、です。

    シュンゾーは、昔、首都圏にある大規模な団地に住んでいました。「団地」という単語はご存じの方も
    多いと思いますが、それを開発した「日本住宅公団」という名前は、若い方はご存じないかも知れません。

    今は、「UR=独立行政法人都市再生機構(Urban Renaissance Agency)」と言います。それにして
    も、アーバンルネッサンスですよ。素敵すぎる英文名称ですね。笑

    そう、その旧日本住宅公団が開発した団地を「公団住宅」と言います。

    日本の高度成長時代、大都市圏における住宅が足りない、そのために住宅の供給を使命とした特殊法人
    が設立され、それが日本住宅公団だったわけです。

    そう、シュンゾーはいわゆる「団地っ子」でありました。

    最近知り合いの方からご提供いただいたのは、まさにシュンゾーが住んでいた団地の建設過程の記録
    映画がYouTubeに公開されていて、それのURLを教えていただいたのです。

    いやぁ、懐かしかったですね。

    シュンゾーが入居するよりまったく前の段階で、林野を切り開き、農地を整地するような段階からずっと
    記録されているのです。

    もちろん、そのような段階のことをシュンゾーは知りませんが、それが段々進んでいくと、シュンゾー
    の知っている場所が出現してくるのです。

    これは、興味深い、を通り越して、不思議でさえありました。

    この感動をシュンゾーの古い友人と共有しましたところ、彼も物好きで、わざわざ検索して、次のよう
    な動画を教えてくれました。

    これはシュンゾーの住んでいた団地ではありませんが、当時の住宅公団が「団地生活のノウハウ」的な
    啓蒙的映画をわざわざ制作したんですね。

    プロの俳優さんを使っていると思われます。ナレーションのトーンも、ある方に言わせると、「小津
    安二郎の映画風である」とのことです。上品な若奥様風ですよね。

    このような古い町並み系のYouTube動画も、たっぷり存在するんですねー。

    さきほども書きましたが、「どのようなジャンルが存在するのか」の全貌は、なかなかつかみにくい
    のです。

    しかし、シュンゾーがこの頃覚えたのは、YouTubeトップページの上の方にある、「お勧め」
    の中から、「最近アップロードされた動画」を選ぶことです。

    そうしますと、ありとあらゆる種類の動画の「お勧め」が見られますので、その中から、シュンゾーが
    まだ見たことのないジャンルの動画を知ることができます。

    皆さんの中には、シュンゾーよりYouTubeウォッチングの大先輩が沢山いらっしゃると思います。

    「こんな動画があるけど、面白いよ」というお勧めがありましたら、是非ともシュンゾーにお教えください。






    録画・再生・変換 全部おまかせ【感動のGOMセット】



    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる