コロナ禍と日本人

    皆さんこんにちは、シュンゾーです。

    新型コロナウイルス感染症、とうとう今日から新たに北海道・岡山県・広島県が緊急事態宣言で、
    期間は5月16日から5月31日まで。

    そして、群馬県・石川県・熊本県においてはまん延防止等重点措置の追加でこちらの期間は5月16日
    から6月13日までとのこと。

    シュンゾーはもう、わけが分かりません。期間の設定については、政府は各自治体からの要請に
    基づいて行っているのでしょうけど、「五月雨式だなぁ」という印象は拭えません。 5月だけに。笑

    大事なことなんですけど、基準がはっきりしていないと思いませんか。

    今回も含めてこれまでの緊急事態宣言とまん防措置の発令、明言はされてないですが裏側にはある
    程度数値的な「発令の基準」があるはずだと思います。

    でもそれをはっきりさせないんですよね。シュンゾー、こういう何事も曖昧なところが我々日本人の
    特徴と思えて、とてもイヤなんですよね。

    そして、もっと大事なことだと思いますが、「どうなったら解除宣言をするの?」です。
    この調子だと延々と緊急事態+まん防が延長され続けるのではないでしょうか。

    ご存じの通り、中国(あの問題発生の当事者のはずですが)は、すでに克服宣言をしているそうです
    し、先ほどのTVのニュース番組では「アメリカもコロナは終わって次に行くつもりである」と言って
    ました。

    「え、そうなの?」ですよね。

    なんか、こういうこと聞くと、正直シュンゾー、「日本人って、なんだかなぁ」と思うんです。

    これ、なぜだか大きな声で言う人多くないですが、そもそも今回のパンデミックにおいて、日本で
    犠牲となった方の比率は人口で比較すると、世界の中でも圧倒的に少ないんでしょ?

    日本人って、このことをなかなか認めたくないんですね。我々、何につけても必ず悲観的に考える
    クセがどうやらあります。

    誤解のないように言っておきますが、シュンゾー、「だからオリンピックを絶対開催するべし」なんて
    決して言いませんよ。オリンピックの問題とシュンゾーが上の方で申し上げていることは別物です。

    なんかねぇ、シュンゾー、日本人は自分たちの立ち位置を好きで不幸なものにしているように思えて
    仕方ないんですよね。

    でも、人間、個人個人も性格が違い、その性格は簡単には変えることができないように、日本人のこの
    持って生まれた(集団的な)国民性というのもなかなか変えられないでしょうね。

    しかぁし、「社会をリードする人々」というのがいらっしゃるわけです。こういう人たちが率先して、
    「〇〇の数値がこうなったら、コロナはもう大丈夫」って自信を持って言えば、ずいぶん違って
    来るんだと思いますよ。その意味で、もちろんマスコミの力は大きいです。

    正直、TVも新聞もいたずらに恐怖をあおっているように見えて仕方がないのです。まぁ、それは視聴
    者、読者が「そういうニュースを求めているから」と結局は国民の気質に帰結することなのかも知れ
    ません。

    ときどき議論を見かけますが、「コロナ後の社会」というやつ。これ、本当に皆さん考えていますか? 
    或いは、為政者の皆さん、これを示そうとしていますか?

    まぁ、今はワクチンをどのように受けてもらおうかで汲々としていますから、それどころではないで
    しょうね。

    ある意味、こういうチマチマした、大局観のなさも日本人の持ち味なんでしょうかね。
    今後も世界で勝負していくのだとすれば、ずいぶん残念な国民性ですよね。

    シュンゾー、自分のことを棚に上げて皆さんに申し上げます。「ねぇ、あんまり細かいことを気にする
    の、やめましょうよ」、と。

    決してコロナ禍が細かいことというのではありませんよ。コロナ禍はもちろん未曽有の大災害です。
    でも、これへの対峙を大局観を持って行いましょうよ、ということです。
    どこかの町長さんが、先にワクチンを打った、なんて、なんでニュースにするんですかね。

    この日本、根底には「ムラ社会」があるんだなぁ、とつくづく感じます。ねぇ、読売新聞さん。

    この日本人の心配性な国民性でコロナ後の未来って本当に考えられるんでしょうか?
    シュンゾーは思います、いつものごとく、「ただなんとなく、流れの通りでなるようになる」という
    のが落としどころじゃないでしょうか。しばらくコロナ後の未来は来ませんね。

    かなり残念です。

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる