プロの技 介護のヘルパーさん

    こんにちは、シュンゾーです。

    皆さん感覚的には認識されているようですが、介護を必要とされている方の数は年々増加の一途
    です。
    下に、2年前のものですが、要介護度別の人数を厚労省がまとめた表を掲載いたします。

    全国で男女計、約650万人の方が要介護(要支援も含む)の認定を受けていらっしゃいます。

    実は、シュンゾーの知り合いの方で、同居のお母さんの介護をされている方がいらっしゃいます。

    その方のお母さんは、平日はデイケアサービスに通っているそうですが、日曜日はほとんど介護
    ベッド上で過ごされているようです。

    先日の日曜日、たまたまシュンゾーがその方のご自宅に訪問した際、介護ヘルパーさんが来訪され、
    約30分のお仕事を見る機会がありました。

    その日は、いつもは発生しないお仕事のようですが、介護ベッドのシーツ交換をする必要があった
    らしく、シュンゾーは「まずはお母さんを、車いすに移乗してもらうんだろうなぁ」と思いました。

    健常者のケースで言えば、シーツの交換は、当然ベッドの上に人がいる状態では行いませんよね。

    だから、要介護の方の場合も当然、「一旦、車いすに移乗してもらって、ベッドを空ける」のだと
    考えました。

    シュンゾー、驚きました。ヘルパーの方は、お一人で、お母さんをベッドから降ろすことなく、
    お母さんの身体を向こうへ、手前へ、いわば転がしながら、難なくシーツ交換(しかも下敷きの
    シーツと表敷きの2枚)を行ってしまいました。

    す、すごい。これぞプロの技です。

    シュンゾーはそのヘルパーさんに思わず、「すごいですね」と声掛けをしてしまいましたが、その方
    涼しい顔で、「よくある話です。マットレスの交換だってしますよ。」とお答えになりました。

    もうね、すごすぎます。

    多分、ヘルパーさんの世界では当たり前なんでしょうね。この投稿をお読みになっている方も、
    ヘルパー業務をされている方、或いは、ご自身でご家族の介護をされている方を含めて、「え、そんな
    ので驚くの?」と逆に驚いておられるかも知れません。

    が、知らないということは恐ろしいのですが、シュンゾー、純粋に驚きました。

    さて、お話は変わりますが、要介護認定の方々が増加の一途で、ヘルパーさん(介護人材と呼ぶそう
    です)の数は大丈夫なのかな、という素朴な疑問が頭をもたげました。

    どうやら、大丈夫じゃないみたいです。

    長寿科学振興財団という団体のホームページからの引用をいたします。
    https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/tyojyu-shakai-mondai/kaigojinzai-fusoku.html

    平成28年(2016年)度の介護人材の需要人数は約190万人とされており平成28年(2016年)度の介護職員数と比べると、約7万人の介護人材数が足りていないことがわかります。85歳以上の人口が増加する将来は、さらなる介護人材の需要が見込まれており、2020年度には約216万人、2025年度には約245万人の介護人材が必要となると推計されています。平成28年度の約190万人に加えて、2020年度には約26万人、2025年度には約55万人の介護人材の確保が必要であり、年間にすると約6万人の介護人材を確保する必要があるとされています。(下線はシュンゾー)

    「年間約6万人」って、簡単に言いますけど、これ「新たに確保」しなきゃいけない数ですからね。

    ここで単純な頭のシュンゾーは、「あ、介護ロボットは?」と思いつきました。

    確かに、介護ロボットは、多くのメーカーが開発にしのぎを削っているようです。

    非常に多くのジャンルがありますね。ここで、神奈川県のサイトに分かりやすいイラストが掲載されて
    いますので、拝借して掲載いたします。
    https://carerobot.kanafuku.jp/search/

    これはおおよそのジャンル分けですので、まだまだ細分化すれば数限りない種類があるようです。

    「介護ロボットポータルサイト」というものも存在し、大変細分化された機器類の開発状況がわか
    ります。
    http://robotcare.jp/jp/development/index.php

    非常に興味深いですね。これだけ多くのメーカーが手掛けているということは、ビジネスとして
    それだけ需要が見込めると、皆さんが判断している証拠です。

    ちょっと見るだけでも、「え、そんなことまでロボットができるんですか?」という、ある意味、
    「夢の実現」的なものもありますが、この表に載っている限りは、絵空事ではないのは間違いない
    でしょう。

    しかし、シュンゾー、ここで当たり前の感想を述べますが、これらのロボットがすべて開発、導入
    されても、現在、人の手で提供されている介護サービスが、100%置き換えられることには決して
    ならないと思います。

    もしかすると、上に書いてある、「2025年度まで、毎年約6万人の新たな介護人材」という数字は
    少なくて済むようになるかも知れません。

    しかし、新たな介護人材が数千か、万の単位で、年々この業界に入ってきていただかなければなら
    ないことには、変わりがありません。

    業界では、待遇改善とか年齢の高い人(70代で「介護をする側」の方も相当数いらっしゃるそうです。)
    の募集など、待ったなしだろうと思います。

    もちろん、医療保険の場合と同様、国の介護保険の財源もきわめてひっ迫しているのも事実です。

    医療保険に比べると、とかく介護保険の方は、人々の意識から離れてしまいがちですが、団塊の世代
    の方がすべて75歳以上になる、2025年問題は介護保険にも医療保険と同様に存在します。

    皆さん、身内に要介護の方がいらっしゃる方、そうでない方、色々でしょうが、介護問題についても
    「介護人材不足」の点、「介護保険の財源」の点、両方について、時々考えを巡らしていただければと
    思います。


    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる